不妊で悩んでいる夫婦の為の婦人科の不妊治療

不妊の悩み

夫婦

恋人が夫婦になった際に、次なるステップとして多くの人が出産を検討します。子どもを作って育てるということは夫婦にとって最も大きな仕事といっても過言ではありません。
自分の子どもを育てることで、将来の日本を支える人材を輩出させる事ができます。また、自分達自身にも大きな生きがいを与えてくれます。
性交渉を行ない、問題なく妊娠することが出来る夫婦は多くいますが、全ての夫婦がそうではありません。
中には、なかなか子宝に恵まれない夫婦もいます。子宝に恵まれない状態の事を、不妊といいます。
健全な男女が妊娠するために、避妊を行なわず性交渉を行なっているのにも関わらず、一定期間妊娠しなかった場合不妊症と認められます。

不妊症とされる期間は諸説あります。1~3年の間という説もありますが、2年間子宝に恵まれなければ不妊症という味方が一般的です。
不妊症になってしまった場合は、夫婦生活に大きな支障をきたします。女性は自分の身体に何か欠陥があるような気がしてしまい、自分を責めてしまいます。
男性に原因がある場合もあるのにもかかわらず、女性を責めてしまうこともあります。
早く孫の顔が見たい、ということで両家の両親からプレッシャーをかけられて精神的な負担を感じてしまう可能性もあります。
そのようなことにならないように、婦人科で不妊治療を行ないましょう。不妊治療を行なって妊娠したという夫婦は多くいます。子どもを育てることで得られる幸せを感じながら、充実した人生を送りましょう。

自分に合う方法を

赤ちゃんの手

不妊治療の方法は様々なものがあります。タイミング法や、体外受精、顕微授精といった方法です。自分の身体に合った治療を行なうためにも、婦人科の医師としっかりコミュニケーションを取りましょう。

男性の不妊治療

寝転ぶ赤ちゃん

不妊の原因が男性にある場合があります。その際は、専門の医療機関にて不妊治療を受ける必要性があります。泌尿器科や婦人科などでも治療を行うことが出来るため、自分にあった場所で治療を受けられるように見極めましょう。

不妊の原因

りんごを持つ妊婦

不妊治療を行なうにあたって、まずは原因を突き止めなければなりません。不妊症を引き起こしている原因は多岐に渡り、それぞれの原因に適した治療を行なうことで妊娠することが出来ます。

不妊の検査を行なう

芝生に座る妊婦

どんな症状の病気にも原因があります。その為、不妊治療を行う前に検査を行ないましょう。不妊検査で分かることはそれほど多くはありません。原因がわからない場合もあります。その際は様々な治療方法を試す必要があります。